« 2009年5月 | トップページ | 2010年6月 »

2010.05.31

蔵の修復

以前、蔵の妻壁を漆喰で修復した時の写真です。


Aaa000


Aaa001


Aaa002


Aaa004

10年ほど前に土蔵を移築する際、妻壁以外の壁に トタン を貼ったり、妻壁の 漆喰の上に ペンキ を塗ったり したそうです。down

漆喰に ペンキ を塗った為に 漆喰が呼吸できなくて剥離しておりました。

せっかく素晴らしい技術、建材を用いられて建てられても、お施主様に理解がないと残念な事となります。


現在、新築の住宅を手掛けておりますが、その隣に建てられている蔵の修復を頼まれました。
昭和初期 に建てられたそうです。
土蔵ではなく、 RC作りの蔵で外壁は全て “洗い出し仕上げ で、細かい役物もキッチリと仕上げられており、その当時の左官技術のレベルがこんなにも高かったのかと驚かされました。

圧巻だったのが、 名古屋大空襲 の時に 爆弾bombを数カ所ほど被弾しており、爆弾の跡が今も生々しく残っている事です。 impact

このような歴史ある建築物を修復ではなく、新たに塗り直さねばならないとは・・・

経年変化で美しいと見るか、ただ汚らしく見窄らしいと見るかはその人次第ではありますが、施主が望んでいる以上は漆喰で綺麗に仕上げるのみです。
気持ちを切り替えて頑張ります。rock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.30

竹木舞と荒壁

塗り壁下地で昔からあるのが 竹木舞 を付けた 荒壁下地 です。
愛知県、岐阜県では今でもこの土壁下地が少なくない。smile

写真は一ヶ月前に 竹木舞荒壁 を施工した時の写真です。camera


Komai000


最近は ビニール紐 で竹木舞を掻く業者も多いと聞きますが、 藁縄 を使うのが 私のこだわり であります。
土を付ければ見えなくなってしまう部分ですが、見えない部分だからこそ こだわりの気持ち だけは忘れたくないですね。good

丈夫さから言ったら 藁縄 よりも 棕櫚縄 のほうが頑丈ですが、 棕櫚縄 は竹が滑ってしまい硬く編む事が難しいで、ウチでは今のところは 藁縄 を使っております。
その点、 藁縄 だと 粗壁土 を付けると縄がギュッと締まり、竹がガッチリと固定できる ので丈夫な壁を作る事が出来るかと・・・ pass

藁縄棕櫚縄 のどちらを使うかは、木舞を掻く人それぞれの信念があるでしょう。
どちらが良いかは、聞く人によって違ってきますね。 sweat01

藁縄は大昔から使われているので、私もとりあえず今のところは 藁縄 で木舞を掻いていこうと思っております。dash

木舞の掻き方も色々と研究しており、もっと良い編み方があればどんどん取り入れていきたいですね。wink

全国的に見ると 荒壁 は絶滅寸前ですが、呼吸する家を最大限に発揮できる壁が 荒壁下地 だと思うし、 EU(欧州連合)の研究機関土壁(荒壁) にはかなり注目している らしいので、復活してくるかもしれませんね~ heart04

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.05.29

石灰クリームについて

今回は石灰クリームについて、詳しく説明しようと思います。


西洋漆喰の原材料である 石灰クリーム とは、 石灰石 を約900度の温度で焼成させてできた 生石灰大量の水で消化させてペースト状になった物 の事です。
日本の漆喰の原材料である 粉末消石灰 は 生石灰少量の水で消化させて作る ので、簡単に言えば 消化させる水の量の違い かと・・・ ok

日本の漆喰との違いは、表面強度が高く外部にも使え、 鏝押さえを続けると簡単にツヤが出ることです。
また、熟成させる(寝かすとも言う)事によって粒子も安定し、なめらかでモチっとした材料となります。
イタリアなどでは最低2年寝かし、熟成期間によって値段も大きく変わってくるそうです。
何十年物とかは大変高価で、熟成期間によって価格が上下するところは ワイン に似てますね(笑 wink

石灰クリームは比較的簡単に作る事は出来ますが、 熟成期間が短ければ粒子も粗く、安定した材料にはならない かと思います。
なので、私は イタリア産 のモノか、日本のメーカーに特別に作っていただいたモノしか扱っておりません。
もちろん、純粋な石灰クリームなので骨材や糊材は混入されておらず、 既調合とは違って材料に関して全て自己責任となります。
逆に何が入っているのか分からない既調合品とは一線を画しており、 自信を持って自然素材、健康素材と言える材料を作る事が出来る でしょう。good

西洋建築の外壁(塗り壁)は石灰クリームに骨材を混入した 石灰モルタル が大昔から塗られており、これを用いられた西洋の歴史ある建築物は味わい深く独特の渋さが素敵ですよね。
日本の西洋風住宅ではそれに似せた樹脂系の塗り壁材を使っており、1,2年で汚くなってしまいますが、本物の石灰クリーム(石灰モルタル)を使えば 経年変化 を楽しめるかと思います。
もっと普及して欲しい塗り壁材料の一つであります。sweat01


Aaa000


明日はこの 石灰クリーム を使って、設計事務所の壁を仕上げてきます。dash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.28

ドライウォッシュ仕上げ

住宅外部の基礎巾木は通常、 薄塗り補修モルタル仕上げ かと思いますが、ウチでは ドライウォッシュ (ブラッシング仕上げ) をお勧めしております。

名前の通り、 水を使わない 洗い出し仕上げ といったところでしょうか・・・

この仕上げも 経年変化と共に味わい深くなる左官仕上げの一つ だと思います。


Habaki003


Habaki002


Habaki000


Habaki004

基礎巾木は外から目に付く場所の割りには、仕上げに力を入れている家が少ないのではないでしょうか?

少しの値段の違いで家全体のグレードを上げてくるので、目先の金額だけじゃなく長い目で考えていただけると嬉しいです。


この工法を開発された 兵庫県の左官屋・品川さん に電話で色々とご指導いただき、後日お会いして コツ を伝授していただきました。
お陰様でレパートリーも増えてきており、大変感謝しております。
m(_ _)m

これからも色々な工法にチャレンジしつつ、私も情報提供できるように試行錯誤を重ねてレベルアップしていきたいです。dash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.27

イタリア漆喰

イタリア漆喰の輸入代理店を訪ねて、情報交換と今後の体制を確認して参りました。car

以前、 イタリア磨きの記事 を書きましたが、イタリア磨きとは イタリア漆喰 の仕上げの一つです。

イタリア漆喰とは 石灰クリーム が主原料の 伝統的な漆喰工法 であります。

この石灰クリームは何千年前から塗られている歴史ある漆喰なので、施工する立場としても安心して取り入れる事が出来ますね。notes

残念な事に日本の建材メーカー数社は 合成樹脂 が主原料の 類似品 を出しており、そのような ニセモノ を店舗などの壁でよく見かけます。 annoy

しかし、ニセモノは所詮ニセモノ・・・ down

悲しいかな、漆喰の浄化作用などある筈がなく、数年で汚れが目立ってきます。shock

本物のイタリア漆喰 は経年変化と共に美しさに磨きがかかり、数年後には渋くて味わい深い魅力的な壁となっていることでしょう。shine


Stucco033


Stucco034


Stucco036


Stucco035


Stucco014


Stucco013


Stucco012


Stucco011


Stucco010


Stucco009


Stucco008


Stucco007


Stucco006


Stucco005


Stucco004


Stucco003


Stucco002


Stucco001


Stucco015


Stucco016


Stucco017


Stucco018


名古屋地区だけじゃなく、全国各地を飛び回って 本物のイタリア漆喰 を扱い、このような仕上げをしていきたいです。scissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.26

ジョリパット

最近は土壁や漆喰などに力を入れていますが、数年前は 年間100件 ほど外壁にジョリパットを塗っていました。

パターン付けの作業はジョリパットで相当鍛えられましたよ。wink

もちろん、アイカの施工認定店であります。scissors


03


02


02_2


02_3


02_4


01


01_2


一応、今でも年間数件は施工しております。sweat01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.05.25

琉球石灰岩

またまた沖縄ネタです。

琉球石灰岩、通称・ グリ石グーリン とも呼ばれている石を大量に扱う業者を見つけました。lovely


Sekkai000


Sekkai001


この石は沖縄県内は勿論、愛知県でもたまに見かけます。

沖縄料理の店などで擁壁の石垣積みに施工されてますね。

石の卸業者と会って名刺を渡したら 「沖縄の人かと思ったよ!アンタなら安く卸してあげるわ。」 とありがたいお言葉を頂きました。

これからどんどん使っていこうと思います。scissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.24

沖縄土

沖縄から帰ってきて、速効でブログを書いております。

半日ほどフリーな時間があったので、家族とは別行動で沖縄土の採掘場へ向かいました。

そこには ピンク色した土 と 太陽のように明るい オレンジの土 、そして渋くて味わい深い 錆色の土 があり、 土変態 には沖縄各地の観光スポットへ行くより最高の場所かも・・・ happy01


Okinawa003


Okinawa001


Okinawa002


今回は自宅へは行かず、ホテル中心で遊んでました。

ホテルの前はビーチで、とても美しく気持ち良かったです。wave


Okinawa000


でも、泳ぐには少し早かったみたいで、一時間も泳いだら寒くて震えてしまい、慌ててホテルで風呂に入りました。spa

今度は 愛知の左官仲間達 と沖縄へ一緒に来て、自宅へ招待したいと思っております。 good

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.21

沖縄

本日、沖縄へ飛びます。airplane

妻が沖縄出身で、沖縄に住んでいる義妹が結納を行うので相手方の家族と顔合わせをする為です。notes


Okinawa001_2


Okinawa002_2


写真は自宅(別荘)です。

付近一帯は赤土だらけなので、左官屋にとっては最高の土地ですね。good

ちなみに私は妻よりも沖縄顔をしておりますが、愛知県民なので悪しからず・・・ coldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.05.20

左官の本

左官書籍を多数保有している私ですが、 「これは鉄板だ!」 という本を紹介させていただきます。

まずはこれ!

建築工事標準仕様書・同解説 15 第5版―JASS

まさに左官の教科書です。
材料の配合、施工法が幅広く載っております。
とても参考になりました。

二冊目はこれ!

土壁・左官の仕事と技術

上の本は左官全般の教科書でしたが、こちらは土壁に特化した教科書的存在です。
土壁の入門書として最適だと思います。

三冊目はこいつです。

漆喰復活―天然建材5000年の底力

今度は漆喰の教科書的存在です。
漆喰に関する知識を高めたい人には最適です。

四冊目はこれ!

壁の遊び人=左官・久住章の仕事

カリスマ左官・久住章さんの著書です。
漆喰黒磨き、大津磨き、ホテル川久での施工、鏝に関する事などなど盛り沢山です。

五冊目はこれです。

日本の壁―鏝は生きている (INAX booklet)


日本各地の塗り壁を詳しく紹介しております。
見ていて飽きない本です。

最後はこいつです。

土のコレクション (ふしぎコレクション)


日本各地で採取した色土をカラーで盛り沢山紹介しております。
この本を読んで天然の土がこんなにも多彩で美しいという事を再確認しました。

他にもお勧めしたいのは、 『左官事典(日本左官業組合)』 shine 『左官施工法(日本左官業組合)』 shine『左官読本-超実用テクニック・CD-ROM付き(エクスナレッジ)』 shine『建築彫刻(ヤブ原出版部)』 shine『和風建築の絆・遠山記念館(遠山記念館)』 shine 『和洋漆喰物語・土蔵と洋館の修復現場から(伝統技法研究会)』 shine 『日本壁の研究(龍吟社)』 shine 『左官工事-材料と施工法(工業調査会)』 shine 『左官技法-壁の作り方(東学社刊)』 shine『左官の知識及び彫刻の手引(吉田工務所出版部)』 shine『日本の壁(駸々堂)』 shine『土と左官の本1,2,3,4(建築資料研究社)』 shine などなどです。

これらの本が手に入れられるのならば、購入する事をお勧めしますよ。

ちなみに私は全部所有しております。scissors

他にも左官関連の書籍は多数所持しているですが、以上の物が特にお薦めできる本であります。wink

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.19

藤本さんの両面黒打ち鏝

兵庫県三木市の鏝鍛冶・藤本好光さんの打った鏝で、 両面黒打ち地金鏝 です。clear


Hujimoto000


Hujimoto001


Hujimoto002


Hujimoto003


Hujimoto004


Hujimoto005


Hujimoto006_2


藤本さんの刻印はなく、 かね与 の刻印があるので、依頼されて制作したのでしょうね。

刻印はなくとも、この個性的な鏝は 藤本好光さん 以外ありえません。

出来る事なら、3寸から9寸まで5分飛び間隔で地金の塗り付け鏝を揃えたいのですが、全部手に入れるのは無理でしょうね。

何はともあれ、この鏝も私の宝物であります。shine

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.05.18

色土の半田仕上げ

以前、店舗のリフォームで内壁を 半田(ハンダ)の撫で切り で仕上げた写真です。


Tenpo003


Tenpo002


Tenpo006


Tenpo007


Tenpo004


Tenpo005


Tenpo001


Tenpo000


Tenpo008


Tenpo009


半田(ハンダ)とは、漆喰に土壁用の色土を配合させた材料を使った仕上げです。

この現場では、 土佐漆喰 という高知県特有の漆喰を用いて、それに 沖縄の土淡路島の土愛知県の土 などを配合した ハンダ で仕上げました。

他にも受付カウンターでは 石灰モルタル 、トイレの壁では 石灰クリームの二色仕上げ 等々、色々と面白い事をさせていただき、壁にぶち当たりながらも苦労を乗り越え、私自身も成長できた気がします。

左官講習会で知り合った仲間達にも心身共に助けられた現場でした。

このような素晴らしい現場に携わる事ができて、関係者の皆様にただただ感謝であります。
m(_ _)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.17

色モルタルの掻き落とし(かき落とし)

ウチでは外壁が塗り壁の場合、色モルタルの 掻き落とし仕上げ (かきおとし) をよく施工します。

この壁の良さは 経年変化 と共に味が出てくる事です。

決してサイディングなどでは味わえない雰囲気を醸し出してくれますね。


Kaki007


Kaki008


Kaki000


Kaki001


Kaki002


Kaki003


Kaki004


Kaki005


Kaki006


かき落とし仕上げ は骨材と顔料の組み合わせ次第で、他にもバリエーションが無限に出来るので、その人その人の好みに合わせた表情で仕上げる事が出来ます。

これからも外壁は 掻き落とし仕上げ をドンドン提案させていただきますよ~ dash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.16

川久

ホテル川久 へ宿泊した時の写真です。

カリスマ左官・ 久住 章 さんを筆頭に全国の腕利き左官職人が結集して施工されたそうです。

特に玄関ホールの 青い柱 はドイツの技法である シュトック・マーモア(シュトック・マルモ???) を久住さんがアレンジした仕上げです。


Aaa015


Aaa003


Aaa005


Aaa004


Aaa000


Aaa002


Aaa018


Aaa009


Aaa010


Aaa011


Aaa012


Aaa013


また遊びに行きたいのですが、家からとても遠いのでなかなか行けそうにありません。 coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.15

研ぎ出し

人造石の研ぎ出し(人研ぎ、テラゾー、現テラ)という左官仕上げがあります。


デパートの床や小学校の手洗い場とかで目にされた方は多いと思いますが、これはとても機能的な左官仕上げなんですよ。

人が大勢歩くデパートの床で用いられるぐらいだから 耐摩耗性 に優れ、手洗い場で用いられるぐらいなので 防水性 にも優れております。


難点は作業に手間が掛かる事とホコリが舞い上がる事。

あと、安値なテラゾーブロックの台頭で、手間の掛かる人研ぎは一気に衰退していきました。

今では滅多に施工される事がありません。


でも、昔と違って今は研磨機に集塵機を取り付けれるので、ホコリの問題は大幅に解消されたと言っても過言ではないでしょう。

手間に関しても、魅力ある仕上げを提案してそこに価値観を付けさえすればなんとかなるかと希望を持っております。

テラゾーブロックでは出来ない、現場での難しい形状を目地も無く施工していけたら、まだまだ可能性のある仕上げではないでしょうか。


いつかは人研ぎが復活する事を願って、設計事務所巡りに励んでいきたいです。


その為には技術の向上は勿論、色々な見本を作って提案力を養わねば・・・ rock


とりあえず、下の写真は私が数ヶ月前に作った見本板です。

Togi000


Togi001


Togi002


Togi003


Togi004


Togi005


Togi006


Togi007


Togi008


Togi009


Togi011


Togi012


Togi013


Togi015


Togi018


Togi021

色々な組み合わせで試験施工してみましたが、これが結構面白い。

骨材と顔料の組み合わせが無限にあって、施主や設計士の好みに合わせた配合で作る事も出来ると思いました。


まだまだ他にもたくさん作りましたが、これぐらいにしておきます。bleah

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.05.14

左官に役立つサイトの紹介

今回は私が制作した左官関連のサイトを紹介します。


まずはウチのエース(笑

【左官鏝の解説】
http://sakanya.info/


多くの左官鏝、左官道具を画像付きで説明しており、自分で書くのも何ですが、多くの人に見てもらってます。
最近は更新をしてませんが・・・ coldsweats01

次は左官鏝解説サイトの携帯電話閲覧用です。

【左官鏝の解説モバイル】
http://k2.fc2.com/cgi-bin/hp.cgi/kote/
Photo_2

QRコードも載せておきましたので、携帯電話のカメラ機能・コードリーダーで撮ってくださいね。

次に紹介するサイトは皆さんで育ててほしい用語辞典です。

【左官用語辞典】
http://www.sakanya.info/cgi-bin/dic/html.cgi

現在、登録語数が500ありますが、その倍ぐらいは登録していきたいと思っております。
誰でも左官用語を登録できるので、気が向いたら何か登録していただけたら嬉しいです。

最後に紹介するサイトは、左官書籍の紹介サイトです。

【左官屋さんの図書館】
http://kabenuri.web.fc2.com/index.html

私は左官鏝を集めるのと同じぐらい、左官の本を読むのが大好きで、左官関連の書籍は50冊以上も所持しております。
そのなかで私の独断で評価してみました。
皆様の書籍を購入する際、お役に立てたら幸いです。

と、まぁ、今回はこれぐらいで・・・

実は他にもいくつかの左官関連サイトを作ったのですが、また別の機会に紹介させてもらいますね。

これらのサイトを左官が大好きな皆様に活用していただけたら嬉しいです。lovely


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.13

イタリア磨き

“イタリア磨き”(イタリア漆喰)とはイタリア周辺国では大昔から伝統的に施工されている漆喰塗り壁工法です。shine

イタリアでは大理石が多く採取できないので大変高価であり、 “石灰クリーム”大理石の粉 を混入した材料で壁を塗り、高価な大理石の壁や柱に似せた左官仕上げとして、イタリアを中心に周囲へ広まっていったとの事です。

00078


00079


00080

施工法としては、西洋の技法で作られた石灰、 “石灰クリーム”粉末大理石顔料 を入れた材料を使い、パターンを付けながら塗り付けて最後に磨き上げます。
このパターンの付け方が重要で、私も何十回と練習してようやく写真のパターンを出す事が出来ました。
練習あるのみですね。good

日本の石灰は “消石灰” を使いますが、ヨーロッパでは “石灰クリーム” を使います。
作り方が違うので、性質も大きく違ってきます。

“石灰クリーム” については後日、詳しく説明したいと思います。paper

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.05.12

私の宝物

吾妻正義さんが打った鏝で通称、 山吾 と呼ばれる鏝です。

○一の刻印があるので、全国的にも有名な京都の鏝屋である丸一が吾妻さんに依頼したのでしょう。

化粧打ちが美しすぎます。

鏝にオーラが漂っている気がします。clear


Yamago001


Yamago002


Yamago003


Yamago004


Yamago006


Yamago008


吾妻さん(山吾)の鏝は10丁ほど保有しておりますが、どれも私の宝物であります。heart04

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.05.11

一年点検

以前、お任せで塗らせてもらった住宅建築会社のモデルルームに行ってきました。

ここで塗った土壁を一年点検を兼ねて出隅の欠け直しと入隅のクラックを補修しました。

住宅建築会社のモデルルームなので多くのお客さんに見ていただく機会があり、とても評判の良い壁だそうです。scissors


Kasahara001


Qq002


Kasahara008


Kasahara009


Kasahara010


Kasahara006


Kasahara007


Kasahara003

ロビーは 豊田白土と土佐漆喰の半田仕上げ です。

トイレは 豊田赤土の切り返し仕上げ です。

玄関の小壁は 豊田黄土の引き摺り仕上げ です。

玄関の大壁は 豊田黄土の大津磨き仕上げ豊田の中塗り土を使った中塗り仕上げ です。

この建物の壁は豊田の土ばかりですねcoldsweats01

これからも愛知県の色土を使って壁を塗り続けていきたいです。notes

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.05.10

版築

薪ストーブ周りの版築壁です。smile

Toki003


Toki004


Toki005

色はグラデーションにするか多色を組み合わせて用いるか悩みましたが、土の自然な質感が一番スッキリする単色(黄土)での版築にしておきました。

壁が倒れてこないように見えないところで工夫をしております。scissors

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.09

鏝絵???

私が修業時代にお世話になった兄弟子の作品です。

周りの木枠以外は全て漆喰で制作されております。shine

これが鏝絵と呼べるかどうかはともかく、 左官屋が漆喰で創った作品 である事は間違いないです。

まるで本物の質感で、柿などは思わず取って食べたくなりますね。happy01

Ss003


Ss002


Ss007


Ss006


Ss000


Ss001


Ss004


Ss005

兄弟子には 「これの作り方を教えてあげるから遊びに来い」 と言われておりますが、遠くてなかなか行く事が出来ません。

それ以前に私にセンスがあるのかどうかが問題ですが・・・sweat01

それでも兄弟子曰く 「センスなんか俺にもないよ。ただ、やり続けていただけ・・・」 と仰ってますので、いずれ教えてもらいに行こうかと思っております。dash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.08

黒漆喰磨き(漆喰黒磨き)

漆喰黒磨きの見本板を塗った時の写真です。

“大津黒磨き”とはまた違ったツヤの質感です。

大津磨きよりもピカピカshineに輝いておりますが、ズッシリとした重厚感は大津磨きのほうがあります。

あとは好みの問題ですかね~notes


Image004


Image000


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.07

鉄壁(大津磨きの応用編)

ツルツルテカテカの大津磨きも良いのですが、大津磨きの工法を更にアレンジして南部鉄の風合いを持つ“鉄壁”が私は大好きです。

ピカピカなのにゴツゴツな風合いが素敵です。

もちろん土壁ですよsign01


日々、試験施工をしながら研究しておりますが、鏝を握るたびに新たな閃きが芽生えてきて、とても楽しくなります。

左官をやっていて最高に幸せだ~


Iga001


Iga004


Iga005


| | コメント (0) | トラックバック (0)

見本(糊土03)

各地で採取された色土を使って、塗り壁の見本板を作ってみました。

糊土とは土・藁・砂の中に海藻糊を混入して施工性を良くした土壁仕上げの事です。

ちなみに全て顔料など一切添加してない自然の土の色合いです。

Img_0429


Img_0426


Img_0423


Img_0420


Img_0417


| | コメント (0) | トラックバック (0)

見本(糊土02)

各地で採取された色土を使って、塗り壁の見本板を作ってみました。

糊土とは土・藁・砂の中に海藻糊を混入して施工性を良くした土壁仕上げの事です。

ちなみに全て顔料など一切添加してない自然の土の色合いです。


Img_0414


Img_0411


Img_0408


Img_0405


Img_0401


Img_0398


Img_0395


Img_0392

| | コメント (0) | トラックバック (0)

見本(糊土01)

各地で採取された色土を使って、塗り壁の見本板を作ってみました。

糊土とは土・藁・砂の中に海藻糊を混入して施工性を良くした土壁仕上げの事です。

ちなみに全て顔料など一切添加してない自然の土の色合いです。


Img_0389


Img_0386


Img_0383


Img_0380


Img_0377


Img_0374


Img_0371_2


| | コメント (0) | トラックバック (0)

土の色

「土の色ってどんな色?」

そう聞かれたら多くの人が茶色と答えるでしょう。

でも、違うんです。

土の色は大きく分けて、赤色・黄色・茶色・青色・緑色・白色・黒色などがありますが、それぞれが微妙に違います。

色彩もバラエティーに富んでいて、それぞれがとても綺麗なんですよ。


Tuti000


「この美しい土を使って魅力的な壁が塗りたいsign01


それが私が土壁の魅力に取り憑かれたキッカケであります。

全国各地の綺麗な色土を集めて、試験施工を頻繁に行って研究しているのが楽しくてしょうがない。


写真は私がストックしていろ色土の“ごく一部”であります。

他にもまだまだたくさん持ってますよ~note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2010年6月 »