« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010.07.31

京錆土と赤錆土

京都から 京錆土赤錆土 を取り寄せ、 糊土仕上げ の見本塗りをしました。

京錆土・糊土仕上げ
Img_0429


赤錆土(京都産)・糊土仕上げ
Img_0426


京都には他にも魅力的な色土があり、色々な種類を取り寄せました。
愛知県の色土とはまた違った魅力を発見できた気がします。

全く同じ配合でも土によって砂の出方、スサの出方が違うのも土壁の面白さですね。
やはり土壁は奥が深い・・・ think

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.30

コンクリート打ち放し補修

いつも土壁や漆喰の写真ばかりなので、今回は特殊工事であるRC打ち放し面色合わせ補修工事(SA工法)の施工写真を載せてみました。bleah

10年前に施工し、メーカーのカタログにも載った建物です。clear

007


008


ウチではSA工法の施工面積が 5万平米 を軽く越えており、日本全国でも屈指の施工実績だと思います。
今までで一番大きい施工面積の建物は地元の淡水魚園水族館 で 1万2千平米 でした。shine

施工実績が示すように毎年かなりの平米数をこなしており、尚かつ材料の配合や道具も常に工夫を重ねております。
SA工法専門の部隊も一時期は10人以上在籍しておりました。
ハッキリ言って、SA工法の技量に関しては日本一だと自負しております。good

この建物の写真がメーカーのカタログにも載った為か、 北海道の左官屋 がこの建物の写真をコピーして会社のホームページに施工写真として載せておりましたので、厳重に抗議した事があります。annoy

愛知県の左官屋の施工した建物が、北海道の左官屋の顔となっていた訳ですから驚きでした。sweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.29

愛・地球博記念公園から三分の現場

愛・地球博記念公園(愛知万博会場)のすぐ近所に現場があり、そこの左官工事がほぼ終了したので、施工写真を載せます。camera

内壁(和室、玄関、トイレ)は二種類の中霧島壁で施工しました。

004


005


006


007

ポーチの立ち上がりボーダーはモルタル仕上げ、玄関とポーチの土間、玄関内部巾木は大磯の二分で洗い出し仕上げです。

001


002


003


まだまだ同じような現場が続くので感謝であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.28

屋形船

知り合いの設計士さんから 「長良川の屋形船を貸し切ったので、鵜飼を見に行こう」 と誘われ、家族を連れて参加させてもらいました。

002


004


003


001


貸し切った船内には、いつも顔を見ている他業種の人達とその家族でした。
他の業者さんとも建築の話で熱く語り合って、それぞれの“こだわり”について聞けて大変有意義な時間を過ごせた気がします。

このような業者会を催していただいた設計士さんに感謝であります。
m(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.23

38度

今日の予想気温は38度です。impact

皆さん、熱中症に気を付けてくださいね。

こんだけ猛暑日が続くと休みたいぐらいなんだが、そういう訳にはいかない。
本日、私は現場ではなく材料の仕込み等をします。
鉄壁 の中塗り土、灰土の仕込みと見本板に中塗り土を塗り、時間があれば 糊土 の試験施工をやっておきたい。

日々、研究の心は忘れず、常に材料の配合を進化させていきたいです。note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.22

動物園の恐竜

「動物園の恐竜像を直すので、左官屋として手を貸してください」

このような楽しそうな依頼があり、少し浮かれております。lovely

地元の動物園なのでちょくちょく遊びに行っており、最近も恐竜像を目にしたばかりでした。
この恐竜像を修復すればウチの子供達にも誇れる仕事となりそうです。shine

まだまだ先の話ではありますが、非常に楽しみな現場ですね。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.21

地金茶室面引き

地金 の 面引き鏝 です。

004


他にも切り付け含め数サイズを購入してしまいました。

“鏝が欲しい欲しい病” が完治するのはいつの事やら・・・ crying

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.20

土塀の調査

修復を依頼された土塀の調査をしました。

001


002


003


土塀の修復工事に向けて第一歩を踏み出しました。good

でも、工事は来年・・・

待ち遠しいなぁ~heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.19

長刀切付鏝

細工用の切り付け鏝です。

003


001


002


細かい部分の入隅、留めなどに威力を発揮します。

結構、便利ですよ~ flair

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.18

掻き落としのサンプル

土岐の外壁で使う 掻き落とし仕上げ のサンプルを作りました。happy01

001


002


003


004


使う道具も 掻き落とし器 と ワイヤーブラシ では表情が微妙に違うので、上手く使い分けていきたいです。ok

ベースの色に関しては、骨材の表情と色を最大限に見えるよう、これ以上の着色は基本的に考えておりません。
掻き落としに関しては、骨材の色と表情を押し出していくのが私流のやり方です。
着色によって素材の良さが失われる可能性がある ので、その辺を設計士さんやお施主様に伝えてみるつもりです。
どうしても着色するように依頼されたら、その時また考えます。sweat01

常に頭を柔らかくしておいて、何かあっても臨機応変に対応しますよ~notes

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.17

ル・デコール・ライムストーン

ADVAN ” というメーカーの塗り壁材料を 二分押さえ と 掻き落とし の二通りで仕上げた時の写真です。

Spain_003


Spain_015


Spain_012


Spain_029


材料は支給だったのですが、材料費が高くてなかなか材工ではやる勇気がありません。down
これに限らずメーカー品を使うよりも自己調合で作ったほうが安くて素敵な塗り壁を創れる気が・・・sweat01

ウチでは基本的にメーカー製の既調合品よりも 自己調合品 を研究しながら使っていくつもりです。good
とてつもなく奥は深いけど、それを追求する楽しさがあります。note

諦めずに試験施工を重ねていきますよ~dash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.16

土塀の依頼

最近、お寺の漆喰を塗らせていただいたのですが、同じ場所で 土塀 の修復もしくは新築の依頼をされました。

この土塀は戦前から存在していたらしく、歴史的価値のある物です。
建築会社からは 「コンクリートで立て直す事も考えている。」 と言われましたが、私が猛反対して 土塀 を修復か新築する事となりました。

正直、私には荷が重かったので左官講習会で知り合った講師の人達に相談してみたところ、応援に来てもらえる事となりました。

と言っても工事は来年の春ですが・・・・

今から来年が待ち遠しいです。heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.15

施工単価について

ある工務店から初めて仕事の依頼があり、喜んで打ち合わせに向かいました。

「この値段でやってくれ」

そう言われて渡された単価表を見て愕然としました。
安いsign01安すぎる・・・
人躯と材料費だけでも軽くオーバーしそうだ。

「他はこれでやってくれているよ」

他の左官屋はこれでやっているのか・・・
いや、当たり前の仕事をやっていたら出来る訳がない単価だ。
必要な工程を省いているとしか考えられない。

そんな事が頭によぎりました。

同じ左官工事でも手間の掛け方によって掛かる人躯が変わります。
目に見えない部分の手間を抜けばそれだけ人躯を押さえる事は出来ます。
だけどそれで良いのでしょうか?

手間を省く仕事をやっていたら、後で必ずしっぺ返しを喰らいますよ。
良い仕事をする為には手間を掛けなければなりません。
ウチが不景気と呼ばれるこの時代に仕事を切らさずやってこれたのは、“やっつけ仕事” に手を染めず愚直なまでに手間暇を掛けて 間違いない仕事 をやってきたからだと自負しております。

しかし、断るのは簡単です。
初回と言う事でウチの技術を見てもらおうと思い、色々と考えた末に引き受けました。

「いつも使っている左官屋とはひと味違うぞ」

そう思わせるだけの仕事をキッチリやって、 「それだけの仕事をやるには人躯もこれだけ掛かります。今後は単価の見直しをお願いします。」 と言えるような流れを作る為に今回は無理を承知で施工します。

そこで分かってもらえないようならそれまで・・・

技術を安売りするつもりはないが、これも営業活動だと腹をくくってます。

きっと分かってくれると信じて、いつもと同じように手間を掛けて綺麗な仕事を心がけて頑張ります。dash

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.07.14

ふと、振り返ってみる

今年になってもう半年経ちます。

昨年までは野丁場の仕事が多かったのですが、今年になって工事は激減。
その代わり私が担当していた町屋と呼ばれる住宅工事、社寺工事がこの半年で大きく伸びました。
その為、不景気ながらも職人を殆ど休ませる事もなく、やりくりする事が出来ております。

8年ほど前から土に携わる左官工事がやりたくて、何も知らない状態から一から勉強しました。
当時は仕事もあまり無くて会社のお荷物扱いで肩身も狭かったのですが、それ以上に土に対する情熱と信念があったので、諦めようとは思った事がありません。
何より、この仕事(土壁工事や漆喰工事)が大好きでしたから・・・

幸いな事に先生に恵まれ、仲間に恵まれ、たくさんの人から色々な事を教わりました。
技術的な事だけではなく、心も・・・

お陰様で今の自分があります。

これからも謙虚な気持ちを忘れず、貪欲に勉強していきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.13

大きな現場を終えて

大きなお寺の塗り替え工事が終わりました。

漆喰だけで300平米はあろうかという現場でメーカー製の既調合材料ではなく、昔ながらの製法で作った 本物の漆喰(炊き糊漆喰) をやらせていただきました。

002


003


004


苦労した甲斐もあり漆喰壁の精度は素晴らしく、住職様からは何度もお礼を言われました。
そしてお土産まで・・・happy01

仕事が完了して振り返ってみると今更ながら凄い現場をやったものだと我ながら感心します。
しかし、私一人では決して納める事の出来ない現場でした。
会社の若い衆に加え、講習会などで知り合った左官仲間達に助けられました。
本当に感謝の言葉しかありません。

仲間を大切にする心。
そして仕事への情熱。

この二つを改めて思い知らされた現場でした。


直向きだった昔を忘れず、これからも真っ直ぐに突き進んでいきたいです。dash

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.07.12

赤土の糊土仕上げ

玄関の一部を地元の赤土で仕上げました。

002


003


施工後、梅雨の弊害で白カビが花のように咲いて、何かと大変でした。down

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.10

お客様の訪問

和室の左官仕上げを任せていただいたお施主様と設計士さんが訪問してくれました。

事務所で打ち合わせを行い、和室の壁は 糊土仕上げ で、奥の床の間は 磨き壁 を希望されました。

床の間の磨き壁は黒漆喰磨きで行くのか?それとも大津磨き?
大津磨きの色は土の色で行くのか?
それとも赤大津?黒大津?

色々と話し合った結果、ピカっと光っている漆喰磨きではなく、重厚な輝きを放しつつ表情の面白さで 鉄壁 に決まりました。

周りの糊土も鉄壁に合う色土を選んでいただき、それを仕上げさせていただく事となりました。

このような仕事を頂き感謝しております。
ありがとうございました。

お客様が 自慢できる壁 をしっかり施工させていただきます。

材料の仕込みを頑張らねば・・・dash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.09

パズル

漆喰の配合を徹底的に試してみようと思い、材料を取り寄せております。

001


石灰は何が良いのか?

普通の消石灰か?

それとも 塩焼き消石灰 か?

いや、 俵灰 も良さそうだ・・・

他にも 貝灰 も試してしてみたい。

貝灰は何が良いか?

赤貝 か?

それとも 牡蠣 か?

帆立 も良さそうだ。

石灰はどれかを一種類じゃなく、 ブレンド する事もありえるだろう。

糊は 角叉 か?

いや、 黒銀杏草 だろうか?

いやいや、 筵海苔布海苔 も忘れてはならない。

砂漆喰 と 上塗り漆喰 で 糊を使い分けている人もいる。

漆喰を追求しようと思ったら本当に奥が深い。

深すぎる・・・

正直、選択肢がありすぎて全部研究しようと思ったら気が遠くなる。

自己調合などせず、既調合品(メーカー製品)しか使わない左官屋では面倒臭くて考えられない事かもしれない。

実際、昔の私はそんな左官屋だった。

だが、今は違う。

苦労しながら試行錯誤して出来上がった配合はきっと私の宝となるだろう。

こんな不景気な世の中だからこそ、回り道をしてみる馬鹿が居ても良いんじゃないかと自身に言い聞かせている。

漆喰に限らず、どんな左官材料の配合もパズルと一緒だ。

個々の素材をパズルのように組み合わせていくだけ。

一つだけ違うのは、左官材料には完成という言葉がない。

日々、研究だ。

もっと良い壁 、もっと良い配合を追求していきたい。

左官という職業は一生修行の世界かもしれない。

明日からまた頑張ろう。dash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.08

若い力

名古屋にある豪邸の漆喰壁(250平米)を若手連中に任せております。

ウチの会社は 二十代中盤~三十代前半の左官職人が大半を占めており 、和気藹々と楽しく仕事をしているので、現場も明るく活気があります。
そして皆が自信を持って仕事をしております。

この現場で更なるレベルアップに繋がっていく事でしょうnote

親方も頑張らねば・・・coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.07

三河の錆土

愛知県三河地方で採れた錆土です。

001


まだ試してませんが、和室などで使いたい色土です。lovely

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.06

左官命

背中に背負っている物が違います。scissors

001_3


先日の 柳生の庄(数奇屋建築左官を語る会) では多くの左官屋さん達に好評(大ウケ?)でした。happy01

ちなみに 『左官魂』 のTシャツも持ってます。good

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.05

海藻糊

漆喰を作る上で必要不可欠な 海藻糊 の写真です。

角叉(つのまた)
002


黒銀杏草(くろぎんなんそう)
001


筵海苔(むしろのり)
001_2


漆喰に入れる糊は他にもありますが、主流はこの三つではないでしょうかsign02

糊の粘性もそれぞれ特性があって、同じではありません。
どれを使うかは好みの問題もあるでしょうが・・・

漆喰は奥が深いです。
まだまだ研究の余地があります。
既調合品(メーカー製の製品)の袋を開けただけで使う左官屋では分からない世界かもしれません。
私もつい最近までは、そのような何も知らない左官屋でした。coldsweats01

時代に逆行しようが、本物の漆喰を追求していきたいです。dash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.03

仲間

現在、大規模なお寺の漆喰工事を施工しているのですが、この現場ほど仲間の存在が有り難いと思った事はありません。

工期がない、予算がない状況で講習会で知り合った左官仲間に手伝いをお願いしたら、皆さん二つ返事で引き受けてくれた。
現場では漆喰塗りは勿論、私が担わねばならぬ部分を補ってくれて、優しく接するだけではなく時にはきつい言葉もかけてくれる。

ありがたい。
本当にありがたい存在だ。

これからも仲間達に教わり助けられ生きていく事だろう。
素晴らしい仲間達に巡り会えて本当に幸せです。

熱くて厳しくて、ちょっぴりHな左官仲間達に乾杯beer

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.02

炊き出し

今日も炊き出しを行いました。
既調合の漆喰ではなく、 本物の漆喰 (本漆喰・炊き糊漆喰) を作る為です。

メーカー製の漆喰と呼ばれる物の多くがクラックを押さえる為、寒水粉(炭酸カルシウム)を入れて強度を小さくしております。
その為、クラックは入りづらいのですが表面強度が弱く、手で触ると指先が白くなります。

最近では袋物の材料しか使わない(使えない???)左官屋さんが多いなか、時代に逆行して本物を使う事に意味があると思っております。

002


003


004


008


今日一日で炊き糊漆喰を10捏ねしたので、とても疲れました。
でも、明日が本番なのでガンバロ・・・ dash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.01

地元の設計事務所

同じ町内で 社寺建築住宅建築 の両方されている設計事務所があります。
ここのサイトを見させていただいた時は 「凄いsign01なんて凄い建物を造る設計事務所なんだ・・・」 と、一発でファンになりました。
そして、 「この設計士さん達と一緒に仕事が出来たらどんなに幸せなんだろう。いつかやりたいな~heart04 と夢見ておりました。
そして夢を叶える為には、 ただ指をくわえて待っていても何も始まらない 事に気が付き、飛び込みで営業をしました。

それが始まりでした。

本日、仕事の依頼があったので久しぶりに設計事務所へ顔を出すと 鉄壁糊土 を塗ってほしいとの事。
鉄壁とは大津磨き仕上げをアレンジした壁です。
Iga005


Iga001


鉄壁 を塗る面積は 4平米 ほどです。
糊土は壁だけで 20平米 あり、天井も変更しようか検討中の事。

凄い魅力的な仕事で、利益そっちのけで単価を口にしましたが後悔はありません。
あとはチャレンジあるのみです。
ワクワクしてきました。
いつも以上に気合いが入っております。

頑張るぞ~rock

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »