« 左官の仕事~ NHL(水硬性石灰) | トップページ | ムチ漆喰(沖縄の漆喰)の試験施工 »

2014.07.19

左官の仕事~ ムチ漆喰

【 ムチ漆喰 】 とは琉球漆喰、沖縄漆喰と呼ばれる沖縄で独自の発展を遂げた伝統的な漆喰の事です。

012_2

沖縄ではお祝いする日(正月、結婚式、出産など)に “ ムーチー ” と呼ばれる沖縄独特のお餅(月桃の葉に包んで蒸した餅)を近所に配ったり食べたりする習慣があります。
私の妻が沖縄出身なので、長女が生まれた時は沖縄の義母がムーチーを持参して駆けつけてくれました。

ムーチーの色は茶色味が掛かっており、本土の餅とは風味も全然違います。
ムチ漆喰は ムーチー に色や質感が大変似ている事からその名が付きました。
本土で言われている 「 色がお餅に似ている漆喰であり、モチがムチに訛って名前が付いた 」 という説には沖縄を愛する私としては真っ向から反論したい ですね。

大昔はムチ漆喰の原料として使われる消石灰を 《 珊瑚を燃やして作っていた 》 らしいのですが、現在の法律では 珊瑚を採ったり燃やしたりすると罰せられてしまいます。
その為、大昔の工法でムチ漆喰を作る事は不可能となりました。
沖縄でも石灰岩は採掘されております。
しかし、主にセメントとして加工されているらしく、ムチ漆喰の原材料としては加工されておりません。
現在では石灰は九州(大分県)で採れた石灰を送ってもらい、それを原料にムチ漆喰が作られているとの事です。

土佐漆喰と同じく、ムチ漆喰も海藻糊を混入せず、石灰に藁を混入して制作します。ふたつの違いは制作方法です。

土佐漆喰 = 消石灰 + 藁(発酵させたもの)

ムチ漆喰 = 生石灰 + 藁

つまり、藁を入れる材料が 《 消石灰 》 か 《 生石灰 》 の違いです
その為、両方とも似たような色をしておりますが、少しだけムチ漆喰のほうが色は濃いのですよ。
これは土佐漆喰に入れる藁は発酵させたものを入れる為かもしれません。

ムチ漆喰は土佐漆喰と同じく、紫外線に反応して色が薄くなっていきます。
土佐漆喰のパクリと思われるかもしれませんが、実は ムチ漆喰のほうが歴史は古い のですよ。
ムチ漆喰は13~14世紀、土佐漆喰は17~18世紀なので、ムチ漆喰のほうが500年ぐらいは歴史が古い という事になりますね。

元々、ムチ漆喰は壁を塗る漆喰と言うより、 “ 屋根瓦の継ぎ手 ” や “ 魔除けのシーサー ” 等で用いられてきました。
私自身も 《 むら咲むら 》 という体験施設で ムチ漆喰 のシーサーを2体作った事があります。
沖縄の別荘を建てる際、屋根の上に乗せる大型シーサーを作るよう義父に言われましたが、諸事情で本職のプロにお願いしました。
ちなみに下の写真は沖縄の重要文化財である  《 中村家住宅 》  のシーサーです。
沖縄の赤瓦とムチ漆喰の組み合わせも素敵ですよね。

0242

最近では、その優れた性能から壁にも塗られるようになり、沖縄の観光スポットである 《 アメリカンビレッジ 》 の敷地内でも大きな建物の外壁が ムチ漆喰 で仕上げられております。
その姿は大変美しく、沖縄独特の “ 赤瓦 ” とも非常にマッチした建物ですよ。
旅行で沖縄の アメリカンビレッジ に立ち寄った際には是非、 ムチ漆喰 の外壁も眺めて見てください。
きっと、感動されると思いますよ。

015


沖縄独自の漆喰ですが、本土のほうにも 【 ムチ漆喰 】 の塗り壁が採用されるよう、私もいろいろ提案していきたいです。

|

« 左官の仕事~ NHL(水硬性石灰) | トップページ | ムチ漆喰(沖縄の漆喰)の試験施工 »

コメント

始めまして。
長野県の伊那谷で古民家再生をしています野人と申します。
いきなりの不躾なコメントをお許し下さい。

私は築150年くらいの古民家を購入して、なるべく自力での再生を目指しております。
家の壁については、もちろん古民家ですので小壁以外にほとんど壁は無く、現在は建具を取り外して構造体のみの状態です。
ただ、居住性や、壁耐力のために貫を入れて、土壁を塗ろうと考えています。

そのために木舞用の割り竹を作ったり、取り壊した土蔵の壁土を再利用するためにプールで練ったり、この1年間準備をしてきました。

これからは霜が降りる前に可能な限り荒壁を塗ろうと考えています。
そのために先週から見よう見真似で木舞を掻き始めました。

さて、それでちり空きを防ぐために、のれんの施工を考えているのですが、土壁用ののれんが見つからずに困っています。
10年ほど昔の『建築知識』に掲載されていたのれん販売店は、残念ながら廃業された様子でした。

手作りが基本だと思いますので、竹ひごと寒冷紗と細釘を使って作り始めてはいますが、細かな仕事のためなかなか捗りません。

やはりプロの方も手作りされているものなのでしょうか?
作る際にコツのようなものはありますか?
あるいは、現在でも販売しているところがあるものでしょうか?

いきなりの質問で恐縮ですが、よろしくご教授いただければ幸いです。

必要に応じて、メールでも結構です。
よろしくお願いします。

投稿: 野人 | 2014.09.20 18:23

左官についてご相談があるのですが、どちらにご連絡したらよいのでしょうか?

投稿: lion | 2015.10.16 10:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 左官の仕事~ NHL(水硬性石灰) | トップページ | ムチ漆喰(沖縄の漆喰)の試験施工 »