« 2014年12月 | トップページ | 2015年7月 »

2015.03.20

左官の仕事 ~ タデラクト

モロッコのマラケシュ地方近辺では、耐水性、撥水性に優れた漆喰が伝統的に施工されております。
その漆喰は元々、壺の表面を仕上げるのに使われておりました。
近年、その性能と仕上げの美しさがヨーロッパでは見直され、洗面台や浴槽などの水回りでも施工されているようです。
漆喰でありながら 水回りにも使える材料 、それが 【 タデラクト 】 なのですよ。

タデラクトの原材料である 《 マラケシュ石灰 》 は、日本でも K社 と P社 が輸入販売をされておりますが、P社のほうは責任施工体制なので、一般の人が材料だけを手に入れるのは難しいかもしれません。
マラケシュ石灰の硬化メカニズム(水硬性なのか?それとも気硬性なのか?)は、両社のサイトを見る限り全く違う事が記載されており、私としても困惑しております。
私が使った感じでは、水で練って一晩以上寝かしてから材料を使うので、おそらく気硬性の石灰だと思いますが・・・
水硬性ならば水で練った材料は、一晩置いたらカチコチに固まる筈ですよね。
私の認識が間違っていたらごめんなさい。

タデラクトの施工方法はとてもユニークで、 石を使って磨く のですよ!

003


006


009


012

石で磨く為、日本の漆喰磨き壁のような色ムラのない綺麗な平面の壁とは違い、アバウトな色ムラと凸凹が何とも味わい深い壁となります。
また、曲面などのややこしい部分にも施工がしやすいのも良いですね。
磨き石 は何でも良いという訳ではなく、 モース硬度が7以上 の石が好ましいとの事です。

注意したいのが、耐水性、撥水性が非常にある漆喰ではありますが、 この耐水性はあくまでモロッコやヨーロッパの人達の感覚なので、キッチリした日本人の考える耐水性とは少々違う可能性もあります。
特に水回りで使う時は、下地の段階でしっかりと防水処理をしておいたほうが無難かもしれませんね。
その辺りは今後も検証していきたいです。

まだまだ私も 【 タデラクト 】 は勉強不足で現場での施工に至っておりませんが、いつか挑戦してみたい左官仕上げのひとつであります。

|

« 2014年12月 | トップページ | 2015年7月 »