カテゴリー「打ち合わせ・現場の状況」の記事

2010.12.09

平屋の家

2010年の夏頃から施工して、ようやく施工完了しました。

外部壁: 色モルタルの掻き落とし
Img_2531


玄関外壁: 土佐漆喰の硬押さえ
Img_2491


玄関ポーチ: 大磯の洗い出し2分
Img_2495_2


外部巾木、丸柱の根本: 大磯のブラッシング
Img_2526


内部壁: 豊田白土の半田仕上げ
Img_2516


内部壁: 中塗り仕上げ
Img_2513


和室壁: 淡路土の切り返し
Img_2508


薪ストーブ足下の土間: 三和土風モルタル
Img_2505


キッチン天井: 白漆喰の硬押さえ
《画像無し》

今年はあと少しですが、まだまだ 掻き落とし の現場が二カ所あるので最後まで気を抜かず頑張ります。
来年には 白漆喰500㎡にマジックコート600㎡ という、面白そうな現場が予定されているので、今から楽しみですね。
他にもお寺さんの土塀修復や住宅の外部全面を掻き落とし等々、面白そうな仕事が目白押しになるかも・・・ happy02

今年も面白い仕事がいっぱいで忙しくて楽しい一年でしたが、来年も良い年になれば良いですね。heart04

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.11.05

住宅と蔵

大型住宅の左官工事を施工したらお施主様に気に入っていただき、ついでに隣の蔵まで漆喰で内部、外部とも塗らせてもらいました。

002


003


005


001


006


007


住宅と蔵を合わせると600平米以上は漆喰を塗ったことでしょう。
全ての職人に漆喰鏝の品川モデルで最終仕上げを統一させました。
お陰で肌も揃って良い感じです。 pass

住宅の擁壁は RC打ち放しの木目模様 で、綺麗に打てなかった部分もあったので、特殊な材料secretを使って木目を絵筆で書いて仕上げました。
こちらも完璧と言って良いほどの出来映えで、補修した本人ですら何処を直したのか分からなくなっているほどです。good

他にも蔵の立ち上がりを 大磯の洗い出し で仕上げたり、犬走を 錆石の洗い出し で仕上げたり、モルタルの掻き落とし 等も施工しました。
8ヶ月掛かりましたが、ようやく完成して感慨深いモノがあります。shine

また面白い仕事があれば挑戦していきたいですね。 rock

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.18

中塗り

鉄壁 の中塗りと 糊土 の下塗りを行いました。

002

001

磨き壁の中塗りなのでスサ勝ちの配合にした為、とても塗りづらい材料でしたが、なんとか塗り付けを完了させました。
スサ勝ちなので仕上げはかなり光る壁になると思います。

糊土仕上げの下塗りはカーボンプラスターです。
アールの部分は 蛇腹型折 を使って型を作り、曲線を施工しました。


アールの部分は設計士さんも大絶賛していただき、仕上げの鉄壁、糊土への期待も高まっているようです。
今後も取り入れていただけるような素晴らしい壁に仕上げるつもりです。good

中塗りが乾燥したら即、仕上げますよ~note

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010.07.29

愛・地球博記念公園から三分の現場

愛・地球博記念公園(愛知万博会場)のすぐ近所に現場があり、そこの左官工事がほぼ終了したので、施工写真を載せます。camera

内壁(和室、玄関、トイレ)は二種類の中霧島壁で施工しました。

004


005


006


007

ポーチの立ち上がりボーダーはモルタル仕上げ、玄関とポーチの土間、玄関内部巾木は大磯の二分で洗い出し仕上げです。

001


002


003


まだまだ同じような現場が続くので感謝であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.22

動物園の恐竜

「動物園の恐竜像を直すので、左官屋として手を貸してください」

このような楽しそうな依頼があり、少し浮かれております。lovely

地元の動物園なのでちょくちょく遊びに行っており、最近も恐竜像を目にしたばかりでした。
この恐竜像を修復すればウチの子供達にも誇れる仕事となりそうです。shine

まだまだ先の話ではありますが、非常に楽しみな現場ですね。happy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.20

土塀の調査

修復を依頼された土塀の調査をしました。

001


002


003


土塀の修復工事に向けて第一歩を踏み出しました。good

でも、工事は来年・・・

待ち遠しいなぁ~heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.16

土塀の依頼

最近、お寺の漆喰を塗らせていただいたのですが、同じ場所で 土塀 の修復もしくは新築の依頼をされました。

この土塀は戦前から存在していたらしく、歴史的価値のある物です。
建築会社からは 「コンクリートで立て直す事も考えている。」 と言われましたが、私が猛反対して 土塀 を修復か新築する事となりました。

正直、私には荷が重かったので左官講習会で知り合った講師の人達に相談してみたところ、応援に来てもらえる事となりました。

と言っても工事は来年の春ですが・・・・

今から来年が待ち遠しいです。heart04

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.02

炊き出し

今日も炊き出しを行いました。
既調合の漆喰ではなく、 本物の漆喰 (本漆喰・炊き糊漆喰) を作る為です。

メーカー製の漆喰と呼ばれる物の多くがクラックを押さえる為、寒水粉(炭酸カルシウム)を入れて強度を小さくしております。
その為、クラックは入りづらいのですが表面強度が弱く、手で触ると指先が白くなります。

最近では袋物の材料しか使わない(使えない???)左官屋さんが多いなか、時代に逆行して本物を使う事に意味があると思っております。

002


003


004


008


今日一日で炊き糊漆喰を10捏ねしたので、とても疲れました。
でも、明日が本番なのでガンバロ・・・ dash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.01

地元の設計事務所

同じ町内で 社寺建築住宅建築 の両方されている設計事務所があります。
ここのサイトを見させていただいた時は 「凄いsign01なんて凄い建物を造る設計事務所なんだ・・・」 と、一発でファンになりました。
そして、 「この設計士さん達と一緒に仕事が出来たらどんなに幸せなんだろう。いつかやりたいな~heart04 と夢見ておりました。
そして夢を叶える為には、 ただ指をくわえて待っていても何も始まらない 事に気が付き、飛び込みで営業をしました。

それが始まりでした。

本日、仕事の依頼があったので久しぶりに設計事務所へ顔を出すと 鉄壁糊土 を塗ってほしいとの事。
鉄壁とは大津磨き仕上げをアレンジした壁です。
Iga005


Iga001


鉄壁 を塗る面積は 4平米 ほどです。
糊土は壁だけで 20平米 あり、天井も変更しようか検討中の事。

凄い魅力的な仕事で、利益そっちのけで単価を口にしましたが後悔はありません。
あとはチャレンジあるのみです。
ワクワクしてきました。
いつも以上に気合いが入っております。

頑張るぞ~rock

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.06.30

お寺の垂れ壁

現在、お寺で大面積の漆喰工事を行っております。

Tera000


Tera001


漆喰は勿論、自家製です。
糊は角叉を煮詰めて使ってます。

現場がデカイのと工期が迫っているので、頑張らねば・・・ dash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧