カテゴリー「鏝絵・石膏彫刻・蛇腹」の記事

2010.06.08

漆喰蛇腹

自宅の写真です。

Jabara001


Jabara002


Jabara003


この自宅は私が二十代中頃に建てた家で、その時に練習も兼ねて見様見真似でジャバラの仕上げを行いました。
誰かに教わったのではなく自己流なので拙い部分もありますが、自宅なので失敗を恐れずチャレンジをしてみました。
我ながら諦めずに良くやったと思います。

どんなに難しい左官仕事でも死ぬほど努力すれば乗り越えられると思っております。
そして、それを乗り越えた時にこそ “成長” できるのではないでしょうか。
そういう意味では、とても成長できた現場だと思います。

以前、カリスマ左官の 久住章さん と一緒にお酒を飲んだ時、 「ワシは日本一失敗の多い左官屋だ!だけど諦めずに頑張ったから今の自分があるんや。だからアンタも諦めたらアカンぞ。」 とエールを送ってもらった事があります。

私にとっては目から鱗が落ちる想いでした。

また、もう一人のカリスマ左官・ 挟土秀平さん にも 「お前の良いところは、へこたれないところだ。どれだけ凹む事があっても必ず這い上がってくる。その根性だけは認めてやるわ。」 とも言われた事もあります。

この言葉は何年経っても忘れられません。

これからも大きな壁にぶち当たる事は多々あるでしょうが、お二人に頂いた言葉を胸に今後も精進していきたいです。good

そして、どんなに難しい左官仕事を依頼されても、 「私には出来ません。」 と逃げる事はせずに、これからもチャレンジ精神全開で突き進んで行きますよ~dash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.09

鏝絵???

私が修業時代にお世話になった兄弟子の作品です。

周りの木枠以外は全て漆喰で制作されております。shine

これが鏝絵と呼べるかどうかはともかく、 左官屋が漆喰で創った作品 である事は間違いないです。

まるで本物の質感で、柿などは思わず取って食べたくなりますね。happy01

Ss003


Ss002


Ss007


Ss006


Ss000


Ss001


Ss004


Ss005

兄弟子には 「これの作り方を教えてあげるから遊びに来い」 と言われておりますが、遠くてなかなか行く事が出来ません。

それ以前に私にセンスがあるのかどうかが問題ですが・・・sweat01

それでも兄弟子曰く 「センスなんか俺にもないよ。ただ、やり続けていただけ・・・」 と仰ってますので、いずれ教えてもらいに行こうかと思っております。dash

| | コメント (0) | トラックバック (0)