カテゴリー「土壁・糊土・水捏ね・切り返し」の記事

2016.07.16

瓦土塀

社寺建築の外回りには土塀が施工されている事が多いですね。
土塀にも色々な種類がありますけど、土と瓦が交互に折り重なる意匠性に優れたモノを見かけた事はあるかと思います。
その意匠性に優れた土塀こそ、 【 瓦土塀 】 であります。

001


瓦土塀 は “ 瓦積み式 土塀 ” が略されたようです。
文字通り、瓦が何層にも積み重なっている土塀なのですよ。
瓦を挟み込む理由は意匠性の他、 耐久性を得る為 でしょう。
廃材の瓦を再利用するなんて、いかに昔の人が物を大事にしていたか良く分かりますよね。

全国各地で見る事が出来る 瓦土塀 でありますが、一番有名なのが 《 信長塀 》 ではないでしょうか。

戦国時代に今川義元率いる大軍が終わりへ攻め込んだ時、迎え撃つ織田信長は出陣前に熱田神宮で必勝祈願をしました。
桶狭間の戦いで歴史的大勝利を納めた信長は熱田神宮へお礼として瓦土塀を奉納したのです。
それが現在、日本三大土塀の一つとされる 《 信長塀 》 なのですよ。
信長塀の強固で重量感のある雰囲気は何百年経った今でも、いや、何百年経った今だからこそ醸し出されるオーラが感じられます。
名古屋に立ち寄った際は、ぜひ熱田神宮の 《 信長塀 》 をご覧になってください。

007

瓦土塀は瓦が水平に積み重なったモノが多いですが、中には面白い積み方がされたモノもありますので、神社やお寺へ行かれた時はチェックしてみてください。
もしかして珍しい瓦土塀の発見があるかもしれません。
面白そうな瓦土塀があったら、私にも写真を見せてくださいね。
意匠的センスに優れた瓦土塀を見ると私もワクワクしてしまいます。

古いけど格好良い 【 瓦土塀 】 を現代でも施工する機会がれば、私もぜひ挑戦してみたいですね。


|

2012.05.23

左官の仕事~ 土壁 撫で物仕上げ

和室に用いられる塗り壁は “ じゅらく ” と呼ばれており、皆さんも一度は耳にした事があると思います。
この じゅらく の名前の由来は 京都の聚楽第から採取される色土 からきております。
つまり、本物の じゅらく とは 聚楽土を使った土壁仕上げ の事なのですよ。

そして、この聚楽土を含む全国の色土を使って、鏝で撫で上げる仕上げの総称が 【 撫で物仕上げ 】 です。


撫で物仕上げにも種類があり、グレードによって単価も大きく違います。
簡単に説明させていただきますね。

《 切り返し仕上げ 》
土壁中塗りをした後、完全に乾燥させず(一日後か二日後)に水持ちが少しある状態で上塗りの材料を塗ります。
中塗り仕上げよりは大人しめだが、土と砂と藁の表情がかなり浮き出ていて表情豊かな仕上げです。
名前の由来は、仕上げに混入するワラスサを何度も切り返して使うからという説 と 本来の行程を切り返したまま省いてしまった仕上げという説 の二通りがあります。
005

《 糊捏ね仕上げ 》
角叉など(他に銀杏草、布海苔)を炊いて抽出した糊の中に色土と微塵スサ(ワラスサの細かいモノ)、微塵砂などを混入した材料を薄塗りで仕上げる工法。
薄塗りなので表情はかなり大人しい。
薄塗りで作業性も良いが、糊が入っている為に耐用年数は短い。
糊が入っているので外部では使えず、内壁専門の仕上げです。
0116

《 糊差し仕上げ 》
後述の水捏ね仕上げの材料に海藻糊の溶液を少しだけ足した材料を使った仕上げ。
水捏ね仕上げに近い表情が出るらしい。
0070

《 水捏ね仕上げ 》
糊を一切入れず、土と微塵砂と微塵スサ、そして水だけで作った材料で撫で上げた土壁最高級の仕上げ。
主に数寄屋、茶室、高級料亭などで施工され、その上品で繊細な表情は風格さえも漂わせている。
仕上げに使う鏝も大変高価な鏝で、現在ではそれを作れる鏝鍛冶も日本で数少ない。
0042

《 長スサ散らし 》
水捏ね、糊捏ねを塗り付けた直後に長い藁スサを壁に投げ付け、撫で上げる仕上げ。
005

《 引き摺り仕上げ 》
舟形の特殊な形状の鏝を使い、パターンを付ける仕上げ。
主に数寄屋、茶室などで仕上げられている。
012

《 砂壁 》
藁スサを少な目にして、砂を多くした材料を塗り付け、撫で上げた仕上げ。
砂勝ちとも呼ぶ。
反対に藁スサが多い仕上げをスサ勝ちと呼ぶ。
現在では、樹脂で砂を固めた材料の事を指す場合が多い。
004

《 蛍壁 》
錆壁とも言う。
鉄錆を土壁に混入する事によって、後々に錆が出てきて、それが蛍火のような表情を出す事からこの名が付いた。
0085

《 本聚楽 》
京都の聚楽第で採取された本聚楽土を使用した水捏ね仕上げ、もしくは糊捏ね仕上げの総称。
本聚楽という名が付いた商品、メーカー製の既調合品はこれを似せた仕上げで、本物ではない。
Juraku000

以上が主な 【 土壁 撫で物仕上げ 】 の説明です。

土壁・撫で物仕上げは既調合製品(ジュラク)と比べると土の表情が豊かで暖かみがあります。
本物の土を使って仕上げているからでしょう。
樹脂が多く入っている既調合製品(ジュラク)では安らぎはあまり感じられません。
ニセモノは所詮ニセモノなのですよね。

土壁に囲まれた空間に居るだけで心が休まります。
それはきっと、 土=大地 であり、人間のDNAが大地に包まれていたいと本能的に感じているからではないでしょうか。
だから土壁は人の心に安らぎを与えてくれるのだと思います。

家とは自身が休む場所であり、その休む場所が大地(土)に囲まれた空間なんて贅沢ですよね。
だけど、そんな贅沢を昔の日本人は当たり前のように取り入れてきました。
何故、心休まる素材を放棄するのか私には理解できませんが、土を塗る事は少なくなってきました。

心が安らぐ空間作りを求めるならば、素材は大変重要かと思います。
大地の源である土ならば素材として申し分ないはず。

もっともっと土壁が見直されれば良いですね。

| | コメント (1)

2012.05.14

左官の仕事~ 中塗り仕上げ

建築の原点は 《 土 》 から始まったと言っても過言ではないでしょう。

何故、 《 土 》 なのでしょうか?

それはどこにでもあり、一番簡単に手に入ったからだと思います。

しかし、この手頃な 《 土 》 は 防火 、 断熱 、 蓄熱 、 遮音 、 調湿 、等々を兼ねた優秀な建材 でした。

「 土には断熱効果が期待できない! 」 と仰る人もいるでしょう。

実際、数値的なモノではグラスウールの1/10しかありません。

しかし、 土壁の家は 「 夏は涼しく、冬は暖かい 」 と間違いなく感じられます。

これはきっと、 調湿のコントロール とか 蓄熱効果 、 浄化作用 などの条件が重なる事によって、そう感じられるのだと私は考えております。

ただ単に一つの数値だけを見るのではなく、相対効果も気にしていただけたらと思います。


また、土壁は機能だけの問題じゃなく、土壁の空間に居るだけで何故かホッとするのですよね。

これは数値で示せないのですが、土壁には人を和ませる何かがあるのでしょう。

それはきっと、土そのものが生命の源である事を私達が直感的に感じているからかもしれません。

土は大地であり、命の源でもある。

だから、 優しさ と 懐かしさ を感じるのでしょうね。

体にも心にも優しい素材である土は何処でも手に入りますが、 掘る場所によって性質や色は全然違うのですよ。

場所によって茶色かったり黄色かったり、赤、白、黒、緑などなど・・・

自宅の土地に埋まっている土を掘り、それを自宅の壁に塗るなんて事も可能で、自宅の土を使った仕上げなんて素敵ですよね。

そもそも、日本の建築は 《 木と土の文化 》 です。

土を使った日本独自の工法も発展していき、全国各地で採取される色土を使った美しい建築物が伝統文化として伝えられてきました。

この土壁仕上げを施工する前に行う重要な作業のひとつに 《 中塗り 》 という工程があります。

中塗りとは基本的には仕上げの前工程を指します。

この中塗りをしっかり施工しなければ、どんなに素晴らしい仕上げをやろうとしても不可能なのですよ。

また、色々な事情で仕上げを塗らずに 《 中塗り 》 でしばらく留めておき、何十年後に仕上げ塗りをしたくなってもそれは可能であります。

昔は中塗りを施工して、軽く2~3年はそのままで、木と土の収縮がしっかり止まってから仕上げ塗りをしたモノです。

しかし、現在の工期優先な風潮の中ではなかなかそこまで我慢される人は少ないですが・・・

そういう意味では昔の建築のほうがドッシリ構えられて良かった面もありますね。

普通の中塗りとは違い、 【 中塗り仕上げ 】 とは見せる為の仕上げ壁です。

土と砂と藁の表情をバランス良く美しく魅せる為の配合が大変重要 であります。

上塗りをする事が前提の 《 中塗り 》 とは違い、 【 中塗り仕上げ 】 では土と砂は好みの大きさで篩って使い、スサの長さにもこだわりたいです。

仕上げとして見せる壁なのに普通の 《 中塗り 》 と同じ配合では悲しすぎますよね。

土壁の基本中の基本である 《 中塗り 》 を仕上げとして見せる 【 中塗り仕上げ 】 も簡単そうに見えて、実は奥が深い仕上げですよ。

何年後、何十年後にどんな仕上げをするかワクワクしながら構想を練って、いつか来るであろうその時を待つのも良いかもしれませんね。


002


002_2


| | コメント (0)

2012.01.13

長良の家

岐阜市で壁と土間を施工しました。

「壁、土間ともお任せで・・・」との事で、壁は土壁で土間は三和土風で施工したのですが、我ながら綺麗な仕上げになったと思います。


壁:三河赤土の切り返し仕上げ
Nagara004


土間:三和土風仕上げ
Nagara001

三和土風仕上げは今後もバリエーションを増やしていくので、それと共に仕事も増えていったら良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.05

和室の試験施工

近々、施工する 鉄壁 のある和室の壁を思い浮かべながら、平ボードに試験施工してみました。

002


003


004


005


006


007


008


009


仕上げは 糊土仕上げ で撫でる鏝は 引き摺り鏝 や 糊土波消し鏝 の他に 半焼き塗り付け鏝 や ステンレス0.3ミリ など色々試しました。

が・・・

どれも私が求めていた表情とはいかず、配合をもう一回考え直してみます。

既製品の ジュラク や 珪藻土 を勧めていたら、ここまで苦労はしなかったでしょう。
だけど、せっかく床の間を 鉄壁 で仕上げるのに周りが既製品では勿体ない。

「本物の土壁で仕上げたい。お施主様が自慢できる壁にしますので、私に塗らせてくださいsign03

私の熱意にお施主様も応えてくれました。
施主や設計士が “左官職人としての私” を信頼してお任せでやらせてくれるので、妥協という言葉を飲み込まず、自身が納得できる表情を愚直までに求めます。

お施主様の 壁を自慢する姿 をイメージしながら、本番までの日々を楽しんでいきたいですね。note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.04

鉄壁の中塗り(練習用)

近々、和室の床の間で施工する 鉄壁 の練習用台を中塗りしました。

001


盆明けにこの試験板で 鉄壁 の仕上げを行って、配合等の最終確認をします。

本番に向けてまだまだ時間はありますが、今やれる事は抜かりなくやっていきたいですね。good

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.07.12

赤土の糊土仕上げ

玄関の一部を地元の赤土で仕上げました。

002


003


施工後、梅雨の弊害で白カビが花のように咲いて、何かと大変でした。down

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.07

パッチワーク???

以前、遊び心満載でこんな土壁見本板を作ってみました。
玄関周りのアクセントとしてどうでしょうか?


00100


黒い部分の2枚は 油煙 で、青い部分の2枚は 群青 を土の中に少々混入しております。

他の部分は全て ↓ の色土(天然の色)を使いました。


00098


私に壁を塗らせてくれる 設計士さんと工務店、建築会社には ↑ の 色土のサンプル をプレゼントしておりましたが、この容器がもう販売して無くて困っております。 crying

また格好良い容器を捜さねば・・・ dash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.11

一年点検

以前、お任せで塗らせてもらった住宅建築会社のモデルルームに行ってきました。

ここで塗った土壁を一年点検を兼ねて出隅の欠け直しと入隅のクラックを補修しました。

住宅建築会社のモデルルームなので多くのお客さんに見ていただく機会があり、とても評判の良い壁だそうです。scissors


Kasahara001


Qq002


Kasahara008


Kasahara009


Kasahara010


Kasahara006


Kasahara007


Kasahara003

ロビーは 豊田白土と土佐漆喰の半田仕上げ です。

トイレは 豊田赤土の切り返し仕上げ です。

玄関の小壁は 豊田黄土の引き摺り仕上げ です。

玄関の大壁は 豊田黄土の大津磨き仕上げ豊田の中塗り土を使った中塗り仕上げ です。

この建物の壁は豊田の土ばかりですねcoldsweats01

これからも愛知県の色土を使って壁を塗り続けていきたいです。notes

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.05.07

見本(糊土03)

各地で採取された色土を使って、塗り壁の見本板を作ってみました。

糊土とは土・藁・砂の中に海藻糊を混入して施工性を良くした土壁仕上げの事です。

ちなみに全て顔料など一切添加してない自然の土の色合いです。

Img_0429


Img_0426


Img_0423


Img_0420


Img_0417


| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧