カテゴリー「研ぎ出し・洗い出し」の記事

2012.01.13

長良の家

岐阜市で壁と土間を施工しました。

「壁、土間ともお任せで・・・」との事で、壁は土壁で土間は三和土風で施工したのですが、我ながら綺麗な仕上げになったと思います。


壁:三河赤土の切り返し仕上げ
Nagara004


土間:三和土風仕上げ
Nagara001

三和土風仕上げは今後もバリエーションを増やしていくので、それと共に仕事も増えていったら良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.09

砂利

骨材として混入する砂利(玉石、砕石)の写真です。camera

上から大磯、御浜、金華、南部、その他諸々・・・ secret


Kotuzai000


Kotuzai001


Kotuzai002


Kotuzai003


Kotuzai004


Kotuzai024


Kotuzai005


Kotuzai006


Kotuzai007


Kotuzai008


Kotuzai009


Kotuzai010


Kotuzai011


Kotuzai012


Kotuzai013


Kotuzai014


Kotuzai015


Kotuzai016


Kotuzai017


Kotuzai019


Kotuzai021


Kotuzai022


Kotuzai023


Kotuzai018


Kotuzai020


他にも手に入る物は沢山ありますが、ウチでは主に上記の骨材を使っております。
上記の砂利を単品として使うのも良いけれど、これらを組み合わせる事によってバリエーションが格段に広がってきますね。clear

まだまだ研究の余地は大ありです。
これからも試行錯誤を重ねて、お客様に喜んでいただけるように頑張りま~す。 dash

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010.06.03

洗い出し仕上げ

玄関ポーチ や 基礎巾木 などで施工される機会が多い 洗い出し仕上げ のサンプルです。 flair


Arai001


Arai002


Arai003


Arai004


Arai005


Arai006


Arai007


Arai008


Arai009


Arai010


Arai011


Arai012


Arai013


Arai014


洗い出し仕上げで用いられる砂利は 大磯 、 御浜 、 南部 、金華 が定番かと思います。
ウチでは上記の砂利以外にも 洗い出し仕上げ で使える砂利は 30種類以上 扱っております。scissors

砂利同士の組み合わせ方によって、なかなか面白い表情も出せる ので、まだまだ研究の余地があり可能性を秘めた仕上げかと思います。
また、セメント部分も 白セメントを用いたり、顔料で着色も可能 なので、仕上げの種類は無限といっていいほどかもしれませんね。

一番目に人目に付く 玄関ポーチ や 基礎巾木 を 洗い出し仕上げ で施工すれば家が更に豪華に見えますよ~note

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.28

ドライウォッシュ仕上げ

住宅外部の基礎巾木は通常、 薄塗り補修モルタル仕上げ かと思いますが、ウチでは ドライウォッシュ (ブラッシング仕上げ) をお勧めしております。

名前の通り、 水を使わない 洗い出し仕上げ といったところでしょうか・・・

この仕上げも 経年変化と共に味わい深くなる左官仕上げの一つ だと思います。


Habaki003


Habaki002


Habaki000


Habaki004

基礎巾木は外から目に付く場所の割りには、仕上げに力を入れている家が少ないのではないでしょうか?

少しの値段の違いで家全体のグレードを上げてくるので、目先の金額だけじゃなく長い目で考えていただけると嬉しいです。


この工法を開発された 兵庫県の左官屋・品川さん に電話で色々とご指導いただき、後日お会いして コツ を伝授していただきました。
お陰様でレパートリーも増えてきており、大変感謝しております。
m(_ _)m

これからも色々な工法にチャレンジしつつ、私も情報提供できるように試行錯誤を重ねてレベルアップしていきたいです。dash

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.15

研ぎ出し

人造石の研ぎ出し(人研ぎ、テラゾー、現テラ)という左官仕上げがあります。


デパートの床や小学校の手洗い場とかで目にされた方は多いと思いますが、これはとても機能的な左官仕上げなんですよ。

人が大勢歩くデパートの床で用いられるぐらいだから 耐摩耗性 に優れ、手洗い場で用いられるぐらいなので 防水性 にも優れております。


難点は作業に手間が掛かる事とホコリが舞い上がる事。

あと、安値なテラゾーブロックの台頭で、手間の掛かる人研ぎは一気に衰退していきました。

今では滅多に施工される事がありません。


でも、昔と違って今は研磨機に集塵機を取り付けれるので、ホコリの問題は大幅に解消されたと言っても過言ではないでしょう。

手間に関しても、魅力ある仕上げを提案してそこに価値観を付けさえすればなんとかなるかと希望を持っております。

テラゾーブロックでは出来ない、現場での難しい形状を目地も無く施工していけたら、まだまだ可能性のある仕上げではないでしょうか。


いつかは人研ぎが復活する事を願って、設計事務所巡りに励んでいきたいです。


その為には技術の向上は勿論、色々な見本を作って提案力を養わねば・・・ rock


とりあえず、下の写真は私が数ヶ月前に作った見本板です。

Togi000


Togi001


Togi002


Togi003


Togi004


Togi005


Togi006


Togi007


Togi008


Togi009


Togi011


Togi012


Togi013


Togi015


Togi018


Togi021

色々な組み合わせで試験施工してみましたが、これが結構面白い。

骨材と顔料の組み合わせが無限にあって、施主や設計士の好みに合わせた配合で作る事も出来ると思いました。


まだまだ他にもたくさん作りましたが、これぐらいにしておきます。bleah

| | コメント (1) | トラックバック (0)